toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

骨盤矯正

骨盤矯正とは、文字通り 骨盤の歪みを矯正することです。

しかし 骨格の歪みに対する考え方は、整体、中国推拿、カイロプラクティック、オステオパシー、関節モビリゼーション・関節モビライゼーション、筋膜リリース・筋膜ストレッチ 等々、様々な理論があふれています。
これは 日本に公的資格がなく、法的な技術基準が存在しないためです。
ですので、ここでは私の考える骨盤矯正について述べます。

骨盤は身体の土台ですので、癖のある姿勢で直立二足の生活を続ければ、支える筋肉(抗重力筋群)に過労を強います。これは、慢性腰痛を起こしやすい状況と言えるでしょう。さらに、抗重力筋群は、足や首にまで伸びていますので、ヒザの痛み、背部痛、肩こり、頭痛なども引き起こしかねません。

しかし、そもそも骨盤とは歪むものなのでしょうか。現代医学的には、「NO」です。

骨盤の仙腸関節は解剖学上、『不動の関節』とされています。骨盤矯正に公的資格が存在しないのは当然です。
骨盤はゴムではなく骨で出来ていますから、外力により多少の たわみは生じても、『歪み』と言えるほどの変形は起こりません。
たわみで吸収しきれない強大な外力が掛かれば歪みではなく骨折が起きます。

では、なぜ当院は『骨盤矯正』をうたうのか。

それは、私が整形外科医院に勤務していた時代に、上司のベテラン理学療法士から教わった「AKA療法‐博田法」に感銘を受けたからです。
AKA療法では骨盤の仙腸関節を「ミリ単位の遊び(力の逃げ場)」を有する可動関節と捉えて重視します。

『関節運動学的アプローチ(arthrokinematic approach,AKA)』は、関節機能障害(動きの悪くなった関節)のリハビリを目的に、医師・医学博士の博田節夫(はかたせつお)先生が考案されました。
そして 博田先生は研究の過程において、関節の動きが改善すると、患者は痛みの軽減も喜ぶことに気が付いたそうです。
現在では痛みの治療法としても研究されています。

なお、当院では単に「骨盤矯正」とだけ名乗っています。AKAの哲学に影響を受けたのであって、「AKA療法‐博田法」そのものではないからです。
実際、私の手技は、カイロプラクティックや民間の整体術が混じっております。安易にAKAを名乗らないことが、博田先生をはじめ、日本AKA医学関係者への敬意だと考えます。

さて、当院の骨盤矯正は、AKA療法に影響を受けていますので、ゴキゴキ、バキバキと鳴らす矯正は重視しません。
(AKA療法の場合は、「矯正」ではなく「調整」と言います)
ここでの矯正とは関節が正常に動ける状態に戻すことを言います。大切なのは、

「関節の可動性を取り戻すこと!」

身体は同じ姿勢を取っていると必ずどこかに負担がかかります。
我々は寝ている時でさえ、無意識に寝がえりで姿勢を変えています。そうすることで、圧力を分散しているわけです。
しかし、年齢と共に身体は柔軟性を失い、硬化します。『関節の遊び』が消失すると、身体にかかる負担は逃げ場を失い、病名が付かない慢性痛となるようです。

なお、先天性股関節脱臼があったり、過去に脚の骨を骨折している人は、それなりのバランスをとるために、身体が『不調和の調和』と呼ばれる歪みを作り出しているケースがあります。
その場合、姿勢にとらわれた矯正をすると、痛みが生じます。
大切なのは歪みのない身体ではなく、必要に応じて適切に歪める柔軟な身体です

故に、「脚の長さが違う」「背骨が曲がっている」「肩の高さが違う」といった評価は 役に立ちませんし、民間療法の『姿勢検査器』など使いものになりません。
完全な素人騙しです。

左右の脚の長さが同じに見えても、はっきりとした原因のない慢性腰痛に悩む人は大勢います。
一方、左右の脚長差があっても、元気な人はいるのです。
ですから、当院では 脚長をそろえる骨盤矯正は重視しません。

しかし 多くの場合、仙腸関節や股関節の動きが改善し、姿勢の癖が解消された結果として、きれいに左右の脚長がそろいます。肩の高さも同様です。
ストレッチ、関節モビライゼーション、最小限のアジャストメントにより、関節の動きが改善することで、偏らない位置に落ち着きます。

・「病院で異常はないと言われたのに痛い」

そんな慢性的な腰痛、肩こり、ヒザの痛み等に悩む方に試していただきたい治療法です。