toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

接骨院・整骨院とは

接骨院・整骨院とは、厚生労働大臣が認定する国家資格を取得した『柔道整復師』が、身体の痛みや障害を抱える患者さんを治療する施設です。

柔道整復師は骨折・脱臼の応急処置や打撲・捻挫・挫傷の施術を行うスペシャリストであり、健康保険の取り扱いもできる専門職です。

 

柔道整復術とは

柔道整復術とは日本の古武道に由来する伝承療法であり、「柔術」の活法を基本として形成された接骨術です。

柔道整復術の歴史は鎌倉時代以前に遡ることができます。 鍛錬や合戦により受けたケガを治療していたのが柔道整復術のはじまりです。

『医心方』(984年、現存する日本最古の医書) には脱臼、骨折、打撲などのケガについて記載されています。

さらに治療法については中国など、海外からの技術を導入し発展し続けました。

江戸時代の中期以降になると、古流柔術は西洋の近代医学からも影響を受け、江戸時代末期には接骨術が体系化されます。

しかし、明治維新後の西洋文明万能の風潮の中、明治7年の「医制」発布・明治14年の「漢方医学廃止」によって、接骨・ほねつぎ業は、存続を問われる厳しい時代を迎えました。

これに対して、柔道家・柔術家を中心に運動が起こり、大正9年の「柔道接骨師公認請願運動」により公的規則の改正が実現します。

時代は下り、平成2年には、免許証発行が都道府県知事から厚生労働大臣へ移管され、正式に国家資格として生まれ変わりました。

これによりカリキュラムも解剖学や運動学等に基づく現代的な内容が、より強化されています。

WHO(世界保健機関)は、柔道整復術を日本独自の伝統医療と評価し、「伝統医療と相補、代替医療に関する報告」で紹介しました。2002年に伝統医療として『柔道セラピー(judo therapy)』と呼称することを認めています。

古くて新しい治療法、それが今日の柔道整復術です。

 

保険治療

急性または亜急性の外傷に、健康保険が適応されます。具体的には、捻挫・打撲・挫傷(肉離れ・筋違い)の治療や、骨折・脱臼の応急手当てです。

「いつ・どこで・何をして・どの箇所を・痛めた」

を、教えてください。治療開始です。
また、よくわからないけど不具合がある、そんな場合も、カウンセリング中に思い出し、原因が明らかになることがあります。お気軽に相談ください。

 

ご注意

一部の院では、外傷性がないものでも健康保険で通院できるようです。それは不正に受傷原因を捏造し、慰安マッサージを行なっている院です。

安価な自己負担金額で気軽にマッサージを受けられることは、みなさんにとってもありがたいことかと思いますが、保険適応でないものを不正に適応させるということは、崩壊も危惧されている国民皆保険制度にとって決して良いことではありません。

何よりも、みんなで納めた大切な保険料を不正な手段で懐にしてよい理由がありません。
当院では、話も聞かずに保険証の提示を求め、いきなりマッサージを行なうことを自重しています。

よく話を聞かせていただいて、慢性的な腰痛症や肩凝り(頸腕症)等で保険治療を希望される方には「医師の同意」を得て、鍼灸の保険治療で対応いたします。

もちろん鍼灸ではなく、接骨院の手による施術『柔整マッサージ・可動域改善ストレッチ』を自費で受けることも可能ですよ。
201500円が目安です)