toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

肩こり・首凝り(頚肩腕症)

俗に言う『肩凝り』は、現代医学的に 『頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)』、略して『頚腕症(けいわんしょう)』と呼ばれています。

頚肩腕症候群とは、首から肩、腕にかけての痛みや こり、しびれ、といった不快な症状の総称です。

肩こり症状や腕のしびれで病院を訪れて 医師の診察を受けた際、画像診断や脈診により『変形性頚椎症』・『頚椎椎間板ヘルニア』・『胸郭出口症候群』などの病名が確定すると、『頚肩腕症候群』ではなくなります。

つまり、検査などで病因が確定できないものを頸肩腕症候群と呼びます。

頚肩腕症候群は、特に原因となる病気がはっきりしないケースなので、 姿勢不良や睡眠不足、精神ストレスといった『生活習慣』による筋肉疲労・筋緊張と考えられます。

特に長時間同じ姿勢でパソコンを使用している人や、同じ姿勢で勉強などをしている人は肩がこりやすく、前かがみの姿勢、猫背になってしまっている人が多数です。

「肩凝り」とは、主に首を支えている筋肉が固くなって出てくる症状です。 「コリ」は筋肉への血行が悪くなることで、酸素や栄養が足りなくなってしまい、老廃物が蓄積されることで起こります。

予防・解消としては血流を悪くしない為に、まずは冷やさないこと。
冷房の入る時期は、首にストールなどを巻き、冷えないようにしておくと効果的です。

次に、自分なりのストレス解消法を見つけることです。
精神ストレスにより緊張状態が長引くと、末端の毛細血管が収縮して血流が悪くなります。

マッサージを受けると肩こり症状が軽減するのは、筋肉の凝りが物理的にほぐされることが理由の一つですが、心地よい リラックスにより 精神の緊張が緩和するのも大きな理由です。

ただ 「肩凝り」は猫背、巻き肩、ストレートネックといった姿勢不良の”癖”を持つ方がなりやすいので、表面の筋肉を揉みほぐすだけでは一時的にしか解消されません。

指が届かない深層筋の過緊張を緩め、血流不良や神経興奮を解消するには『鍼灸』が有効ですし、姿勢の癖により動きの悪くなっている椎間関節の可動域を改善するには『関節モビライゼーション』・『関節運動学的アプローチ』が有効です。

そして 「良い姿勢」を新たに癖づける為に、当院では『筋膜リリース』や『ストレッチ連動型矯正』を取り入れた施術も行なっています。

肩こりは「何回 通えば治る」という類の疾患ではありませんが、他院に通って グイグイ強く揉みほぐされても具合が悪いという方が、当院で定期的に施術を受けると痛み無く生活を送れるようになっている、という例もあります。

疲労回復やリラクゼーション目的の場合は自由施術(保険外の自費)となりますが、寝違えで首すじを痛めたなどの「外傷」の場合は、接骨院・整骨院の健康保険が適応となります。

また 『頚腕症』は、「医師の同意」があると鍼灸の健康保険が適応となります。
3か月ごとに「同意書」にサインを頂くことで、継続的な ケアを受けることも可能ですよ。