toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

15、気功の実践者達

気功に対する私のスタンスを説明しますと、私は気功教室に通ったことは無いですが、格闘技 全般が好きなので、柔道整復師として柔道(講道館 弐段)の他に、ブラジリアン柔術&寝業重視の総合、立技強化に キックボクシングと、『打・投・極』の攻防を ひと通り学びました。
また、「 ”気” の意識」や「呼吸法」を重視する伝統武術も習いに行きました。

で ですね、伝統武術の『型』で学ぶ身体の使い方は高度で素晴らしいんですけど、自由攻防で どこまで使いこなせるか正直 疑問・・・
けど、伝統武術を習った上で 現代格闘技の試合を観戦すると、トップ選手は中国武術の『発勁(はっけい)』や 日本武道の『合気(あいき)』を普通に使いこなしているんですよね。

例えば ボクシングのストレート・パンチ。
強打を打とうと、つい肩に力が入ると ブレーキが掛かり、結局は腕から先だけの『手打ち』になってしまいます。
皆さんがする ゴルフのスウィングなんかにも共通すると思うんですが、飛ばそうと最初から力を込めると上手くいきませんよね、たぶん。
構えと振りかぶりは リラックスしておいて、インパクトから フォロースルーだけ グリップを握り込むと効果的だと思います。

一流ボクサーは、拳と肩の力を抜いた リラックスした構えから、

・前足の踏み込み(沈墜勁:ちんついけい)
・後足で地面を蹴る反発(撞靠勁:とうこうけい)
・後脚・体幹・突腕を連動させた捻じり込み(纏絲勁:てんしけい)
・背中を上下左右に張る(十字勁:じゅうじけい)

これらの動作を組み合わせ、下っ腹(丹田:たんでん)に圧を掛けるように短く息を吐きつつ、インパクトからフォロースルーのみ拳を握り込む。

一見すると オカルトに感じがちな

「脱力すれば、威力(勁)が出る」

を、現代格闘技のトップ選手達は普通に駆使しているんです。
というか 言語化して意識せず、試合で実践できるレベルだからトップ選手なのでしょう。

「 ”気” で人を倒す」

も、そうです。
腰を落として踏ん張り、警戒している相手を投げるのは難しい。
しかし、柔道や レスリング、ムエタイの首相撲などで、力技ではなく 相手の”虚”をつくことで転倒させる技巧者が居たりします。
こういうのが『型』の反復のみでは身につかない、スパーリング稽古で揉まれた『リアル合気』でしょうね。

極端な話、相手の気を そらせておいて、不意打ちで突き飛ばせば人は倒れますし、自分より体重の軽い相手なら2メートルふっ飛ぶこともあります。
インチキ武術ではない、リアルな「 ”気” で人を倒す」とは、そういう事だと思うんです。
(相手の気を逸らせる ≒ 相手の”気”に合わせて崩す ≒ 合気柔術)

 
「身体に触れず、”気” をぶつける事で倒す」

と言い張る人は、流石に ねぇ・・・
『触れずに倒す』デモストレーション動画なら テレビやインターネットで複数 観たことありますけど、ヤラセが可能な状況(相手がお弟子さんや取材の人のパターンばかり)なので、信用ならんのよなぁ

 

P.S. 脱線ついでの脱線

先ほどの『発勁』説明で、『沈墜勁:ちんついけい』と『十字勁:じゅうじけい』はイメージが湧くと思うのですが、『撞靠勁:とうこうけい』と『纏絲勁:てんしけい』は、現代日本で馴染みの薄い漢字が使われているので補足です。

『撞靠勁:とうこうけい』は、相手から遠い側の足で踏ん張り、寄りかかる・もたれる(靠)ように 鐘を突き鳴らす(撞)威力。
『纏絲勁:てんしけい』は、長い糸(絲)をまとう・まつわりつく(纏)ような螺旋の威力。

「寄りかかる・もたれるように」と「糸が まつわりつくような」というイメージは、どちらも『発勁』(威力を発する)の際、つい肩に力が入るのを防ぐ知恵ですね。
太極拳(たいきょくけん)が ゆっくりと身体を動かす練習をするのも同様です。
ゆっくりと動くと肩に力が入りませんし、下半身や体幹の大きな筋肉で生む威力にブレーキを掛けずに 手へ伝える感覚を養えます。また、相手の攻撃威力を受け流して崩す『化勁:かけい』の感覚が身に付きます。

ちなみに 私が太極拳で闘う際は素早く動きますし、『化勁』で相手の体勢が崩れれば、瞬発的な激しい『発勁』で突き飛ばしたり、なぎ倒したりしましたよ。

実際の『発勁』は「筋力の ”スムーズな” 伝導」ですが、意識の上では「下っ腹(丹田:たんでん)と手足を繋ぐ ”気” の伝達」を イメージすると、技術の習得が早まります。
これが、楊家太極拳 10の心得『太極拳説十要』の一部である

・『沈肩墜肘』
  肩をいからせず、力を緩めて肘も落とす
・『用意不用力』
  意(”気” のイメージ)を用いて、腕力を用いない
・『相連不断』
  ”気” を伝達する感覚が途切れない様に、ゆっくり動き続ける

の本当の意味だと思いますね。
これを

「腕力を超えた根源的なパワー、内なる ”気” のエネルギーで 大きな相手を飛ばす」

などと 表現すると、完全な嘘ではないものの誇大表現となりますな。
自分より大きく体重のある相手は、『化勁』(攻撃威力を受け流して崩す)に成功した時でないと、ふっ飛びません。
というよりも、『化勁』が完璧に はまると、『発勁』に繋げなくても大男が倒れる事もあります。
日本の相撲における『引き落とし』・『肩透かし』等の決まり手がそうです。
ここまでくると『合気』との境が無くなりますが、別に「 ”気” の神秘」などではないですよね。

ニセモノ(インチキ武術家・エセ気功師)ほど、自身を大きく見せようと大げさな事を言います。
これは、科学的根拠の薄い健康法・民間療法のカリスマも同様です。
その様な人には、近づかない方が利口かと私は思います。

 


16、「外気功と内気功」