toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

23、イメージ療法と自然治癒力

いやー 脱線しましたねぇ。

しかし、その1の効果を説明するには、
「”気”はプラシーボ効果の側面もありますよ」
という話と、
「それは、プラシーボ効果以上の効果は見られないという意味ではないですよ」
という両方を納得して貰う必要があるのです。

さて、自分の意志で介入しやすい呼吸を通して、自律神経を整えるという『生理的な作用』が、効果その1。
”気”のボールを持つイメージにより、上半身のリラックスと末端の血行促進を促すという『心理的な作用』が、効果その2でした。

下半身の『心理的な作用』が、効果その3です。
足の裏で経絡上に在る唯一の経穴『湧泉(ゆうせん)』から、大地・地球の エネルギーを吸い上げるイメージを持ちます。
『湧泉(ゆうせん)』という名称が、まず良いですよね。 「湧く泉」と書いて、『湧泉(ゆうせん)』です。
気功は、プラシーボ効果も最大限に利用します。

先ほど、経穴は”気”の出入り口、そして『気・血・津液』は 十分な量が滞らずに循環していることが大事だと説明しました。
なので、足の裏から吸い上げた新鮮な”気”が全身を巡って細胞を活性化し、全身を巡り終わった”気”のカスが足裏から排出されるイメージを持ちます。

アレルギー性疾患や自己免疫疾患など、免疫の誤作動による病気もありますので、闇雲に「免疫力を上げれば良い」というという話でもないのですが、精神的ストレスにより、免疫力・自然治癒力は低下すると言われています。

故に、「精神的ストレスにより低下した 免疫力・自然治癒力の”正常化”」という意味なら、イメージ療法は有りではないでしょうか。

よく、「馬鹿は風邪を引かない」と言いますよね。
精神的ストレスにより、免疫力・自然治癒力が低下するのならば、物事を深刻に考え過ぎる人よりも、楽天的に生きている人の方が風邪を引きにくいの”かも”しれません。

食事や運動に気を付けることも勿論 大事なのですが、それ以前に「前向きに生きること」が、「老後の健康づくり」には大事だと思います。

 


24、「サイモントン療法」