toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

27、秘伝なんて無い

さて これで締めると、抽象的な精神論で終わってしまいますので、最後に体力維持の為の筋トレを2種目だけ紹介します。

先ほど

「”気”の意識や呼吸法を重視する伝統武術は、自由攻防で どこまで使えるか正直 疑問」

と話したんですが、中には強い先生方も居るんです。
いきなり、手の掌を返しますけどww

神秘系などのインチキ武術家でない先生方は強いですね。そういう先生方は、地道に補強鍛錬で柔軟性・筋力・持久力を高めています。
その上で 実際に闘う時は、対武器・対複数を想定した立ち技メインで、

『首相撲ありのムエタイと、グレコローマン・スタイルのレスリング競技を足したような闘い方』
をするんです。
凄く説得力のある『リアルな強さ』で。全く神秘的じゃない!!!

つまり、
「不思議な”気”のパワーで、ラクして強くなろう」
とか
「特別なサプリメントで、ラクして ダイエットしよう」
とか考えるのが、そもそも間違いです。
そんなモノがあるなら、体重制の格闘競技の選手は減量に苦労していません。

誰もが知っている『王道』、
「食事で摂取するカロリーをコントロールした上で、運動も併用する」
この当たり前を徹底して行う以上の『近道』はありません。

美容形成外科の脂肪吸引は、外科手術で物理的に脂肪組織を切り取るので別ですが(←賛否両論あり)、その他のダイエット・サービスや ダイエット商品は、非科学的で胡散臭いモノが結構あります。
「騙されたつもり」で お金をつぎ込むと、普通に「騙されて終わる」パターンが多いでしょうから、怪しいなと感じたら近づかないことです。

よって、健康寿命を延ばすため、またはダイエットのためには、食事改善と地道な補強鍛錬で足腰を鍛え、基礎代謝を高めなければなりません。

肩幅より広めに足を構えたスクワットの要領で腰を落とします。膝が つま先より前に出ない様に沈み込み、腰を落とした姿勢でキープ!
これを「馬で歩く」と書いて『馬歩(まほ)』と呼びます。馬に跨った姿勢ですね。

日本で言えば、本土空手の『鉄騎(てっき)』(≒沖縄空手『首里手』系の『内歩進(ナイファンチ)』)の型で散々やらされる『騎馬立ち』です。

「これを3分間、最終的には30分間 出来る様に頑張りましょう」
というのは、
「あいつが寝たきりになった時、俺の足腰が丈夫だったら俺の勝ち!」
というモチベーションが無いと、なかなか続けられない訳ですが、中高年になっても続ければ、そりゃ足腰が丈夫になりますな・・・

 


28、「下半身に、フロント・ランジ」