toggle
千葉県八千代市緑が丘の整骨院・整体院『城ノ戸鍼灸接骨院』は、八千代緑が丘駅前なので船橋日大前・八千代中央からの通院治療にも便利です。

8、マイナス思考に、ご注意を

ちなみに、逆プラシーボ効果とも言える『ノーシーボ効果』というものも あります。
副作用を心配して、「気にしすぎる」即ち「”気”の力」が働くと、副作用が強調して出やすいと言われています。

これは、一般人とプロの認識のギャップとして聞いた話なんですが、薬剤師は新薬よりも 副作用の記述の多い既存薬の方が、安心感があるんだそうです。

「世界で長年 処方されてきた薬は副作用報告が出尽くしているので、何に気を付けたら良いのかわかる。新薬は長期服用で、将来 どんな副作用が出るか未知だから怖い。」

とのこと。

なので、素人は あまり副作用を気にしない方が良いみたいですよ。医師の処方箋を貰ったら、お薬手帳を持参で調剤薬局へ行き、薬剤師の説明通りの用法・容量を守って服用する。
「なんか自分に合わないな」と思えば自己判断で服用を辞めず、担当医師に そのままを伝えて相談しましょう。
これで、ほぼ心配ないと思います。

なお、中には 現代医療を目の敵にし、民間療法に傾倒する人もいますが、先ほどのWHO定義にある「精神的」・「社会的」に健康と言えるのか ですよね。

漢方薬にも副作用は 普通に存在しますので、「自然派なら安心」は妄信です。
生薬である オトギリソウは有毒ですし、用法・容量は絶対に守って下さい。

「植物性だから安心」

は、大嘘ですよ!
仮に本当だったら、トリカブトを口にして死ぬ人は過去に一人も居なかったはずです。

というわけで 現代医療や代替医療と、正しく付き合うことが「健康づくり」には必要です。

そして、テーマである「老後の健康づくりについて」を考えるなら、ノーシーボ効果を引き出さない為にも
「もう年だから」と声に出して、自己暗示を掛けない様にしましょう。

 


9、「痛みの原因は分からない?」